CREATING SHARED VALUECREATING SHARED VALUE

日本ワインづくりの発展と
地域社会への貢献

シャトー・メルシャンは、日本ワインの黎明期から、新しい栽培方法の導入や醸造技術へのチャレンジを続け、
日本が個性を持ったワイン産地として認められるよう、品質の向上に努めてきました。

そして、自分たちだけでなく、日本ワイン全体がより良くなるよう、新たな技術は他のワイナリーへも公開し、
日本ワインの発展に貢献、日本ワイン産業を牽引してきました。

また、ワインづくりにとって最も大切なブドウ栽培では、自社管理畑のある地域や契約栽培農家の方々と共に、
人材育成や遊休地活用、雇用の創出などの課題の解決にも向き合っています。

これからも、より多くのお客様に、「シャトー・メルシャン」をお届けしたい。
それが、地域の皆さまとともに歩む、私たちの願いです。

  • 1 日本ワイン全体の品質向上への取組み
  • 2 遊休農地の活用
  • 3 ワイン産業を支える人材育成
  • 4 子どもへの農業体験
  • シャトー・メルシャンの活動
  • 5 草原・絶滅危惧種再生
  • 6 地域交流の場づくり
  • 7 地元人材雇用機会創出
  • 8 重要文化遺産の維持
  • 1 日本ワイン全体の品質向上への取組み
  • 2 遊休農地の活用
  • 3 ワイン産業を支える人材育成
  • 4 子どもへの農業体験
  • シャトー・メルシャンの活動
  • 5 草原・絶滅危惧種再生
  • 6 地域交流の場づくり
  • 7 地元人材雇用機会創出
  • 8 重要文化遺産の維持
詳細はこちら