Vineyards

山梨県 城の平ヴィンヤード

世界各国のワインコンクールで
数多くの賞を受賞した名ヴィンヤード

ブドウの成熟に最適な気候条件

「城の平ヴィンヤード」は、甲府盆地の東端に位置する、標高550~600mの内陸性盆地。昼夜の寒暖差は大きく、ブドウの成熟に最適な気候条件を備えています。穏やかな斜面に広がる畑は、日照量も豊かで風通しも良好。病害虫の発生も少ないのが特徴です。水はけの悪い場所には暗渠排水施設を設けています。

1984年からカベルネ・ソーヴィニヨンをギュイヨ・サンプル式の垣根仕立てで栽培。また、カベルネ・ソーヴィニヨン以外の欧州系品種の垣根栽培やキャノピー・マネージメント、草生栽培、クローン選抜やマサル・セレクション(圃場選抜)など、日本で欧州系品種を栽培するための様々な挑戦を試み、その成果は契約栽培農家にフィードバックされています。

本場・ボルドーのコンクールで日本初の金賞を受賞

「城の平ヴィンヤード」で収穫・選果されたカベルネ・ソーヴィニヨンを使用した『シャトー・メルシャン 城の平カベルネ・ソーヴィニヨン』は、本場ボルドーでの国際ワインコンクールで日本ワイン初の金賞を受賞した逸品。その他、世界各国のコンクールで数多くの賞を受賞し、『シャトー・メルシャン』の代表的なワインとして世界から大きな注目を集めています。

Vinyard Data

標高 550~600m
土壌 粘土質
地形 傾斜
気候 内陸性・盆地
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン(赤)のほか、一部でカベルネ・フラン(赤)、メルロー(赤)
仕立て型 垣根式
栽植密度 6600(本/ha)
収穫量 5(t/ha)

Map