Vineyards

長野県 桔梗ヶ原地区

世界的にも名高いメルローの産地

標高700mの厳しい環境が育む良質なブドウ

桔梗ヶ原は標高700mの高地。特にブドウ成熟期の9月~10月にかけて、昼夜の寒暖差が大きくなる環境の中、色づきのよいブドウが収穫される産地です。土壌は礫層を基盤として、その上に火山灰層が2~3mほど堆積したもの。地下水位が非常に低いため、水はけは極めて良好です。

秋雨の量は比較的少なくなりますが、冬の寒さは大変厳しく、マイナス10度になることもしばしば。凍害によって枯死する樹も少なくありません。

それを防ぐため、昔から棚栽培としてはかなりの密植栽培を行っています。

重ねた歴史と、未来への挑戦

桔梗ヶ原でのブドウ栽培の歴史は古く、1916年からのコンコード栽培が起源となります。国内の需要が甘味果実酒から本格的なスティルワインへと転換してゆく中で、1976年からメルローの栽培に挑戦し、1989年、ようやく初リリースした『シャトー・メルシャン 信州桔梗ヶ原メルロー1985』がリュブリアーナ国際ワインコンクールでグランド・ゴールド・メダルを受賞。その後も数多くの受賞を重ね、日本を代表するプレミアムワイン、そして、素晴らしいメルローの産地としても世界から高い評価を受けています。

メルシャンの醸造アドバイザー、シャトー・マルゴー総支配人のポール・ポンタリエ氏は、視察に訪れた際、「桔梗ヶ原のメルローには大きな潜在力がある。このメルローは生き生きとして、若さがあり、しかも繊細だ」という言葉を残されました。今、『シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー』をさらに進化させるべく、自社畑でメルローの垣根仕立て栽培に取り組むなど、新たな取り組みを進めています。

Vinyard Data

標高 700m
土壌 火山灰土
地形 ほぼ平坦
気候 内陸性・盆地
品種 メルロー(赤)
仕立て型 棚式・垣根式
栽植密度 500(本/ha)
収穫量 10(t/ha)

Map