Vineyards

山梨県 県内産地

ブドウと向き合い、
ワインをつくり続けてきた「日本ワインの聖地」

栽培家とワイナリーが切磋琢磨する環境

山梨県は、日本のなかでもブドウ栽培とワイン造りにおいて長い歴史を重ねてきた土地。ブドウ栽培農家やワイナリーも多く、互いに切磋琢磨することでワインの品質向上へとつなげてきました。また、日本固有のブドウ品種「甲州」を用いた質の高いワインをつくるため、『シャトー・メルシャン』では早くから畑指定を実施。意欲的な栽培農家との二人三脚でワイン造りを続けています。

各地域の特長

穂坂地区

山梨県韮崎市「穂坂地区」は、標高450〜550mの南アルプスを望む丘陵地帯。甲州、マスカット・ベーリーA品種が栽培されています。

穂坂地区の様子。

玉諸地区

笛吹川の右岸に位置する甲府市「玉諸地区」。甲府盆地の中心部で標高が低く、山梨県内では生育が最も早い地域として知られています。春から秋まで十分に太陽の光を浴びた美味しいブドウが収穫されます。

玉諸地区の様子。

山梨市

山梨市東に位置する「上野園」は『きいろ香』発祥の地。この地で得られる「甲州」は、温州みかんを思わせる優しい柑橘系のアロマが漂うワインとなります。

山梨市の様子。

勝沼地区

「甲州」の発祥の地・甲州市「勝沼地区」。標高は約380m〜450m。日川の影響を受けた扇状地で、昼夜の温度差が大きく、古くからブドウの栽培に適した場所と言われています。この地区のブドウはタンニンが多く、リッチでしっかりとした骨格のワインを生み出します。

勝沼地区の様子。

Map