お酒に関する情報が含まれるページを正常にご利用いただくには、
WebブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

To successfully use a page that contains information about alcohol,
Web browser JavaScript must be enabled.

Wine Maker

ワインメーカー

シャトー・メルシャンの造り手たちシャトー・メルシャンの造り手たち

産地と品種の
個性を生かしたワイン造りを

シャトー・メルシャン ゼネラル・マネージャー兼チーフ・ワインメーカー 安蔵 光弘

シャトー・メルシャン ゼネラル・マネージャー兼チーフ・ワインメーカー 安蔵 光弘

シャトー・メルシャンが掲げる「フィネス&エレガンス(調和のとれた上品な味わい)」というワイン造りのフィロソフィー。
ここでいう“フィネス”を育むのは土地、
テロワールである。

「ワインにおける“フィネス”とは、ブドウの個性ということになりますが、日本の風土、テロワールが培ったものには、そもそも“フィネス”がある。例えば日本料理。料理人が意識して“フィネス”を出そうとしなくても、日本の風土からの食材を、日本人ならではの感性でつくることで、必然的に“フィネス”が感じられる料理になります。それはワインでも同じ。基本は、風土が育んだブドウの個性を大切にすること。日本のテロワールでブドウを作るからこそ、そのブドウの個性を活かせば、テロワールの個性“フィネス”が自然と醸し出されるのです。“フィネス”とは意識して出すものではないのです。毎日の食事では、料理が主役。家族との食事と共に自然とグラスを口に運んで、気がつくとボトルが空になっている──そんな日本ワインを造っていきたいですね。」

ProfileProfile

1995年 東京大学 大学院 農学生命科学研究科 応用生命工学専攻 修士課程 修了後、メルシャン入社、シャトー・メルシャン配属。2001年ボルドーのシャトー・レイソン出向、同年ボルドー第2大学醸造学部にて利き酒適性資格(DUAD)取得。レ・シタデル・デュ・ヴァン国際ワインコンクールの審査員を3回務めるなど、海外でも経験を積み、2015年現職に就任。

シャトー・メルシャン
勝沼ワイナリー長

田村 隆幸

1999年に入社後、ワインの清澄化や酸化抑制、料理とワインのマリアージュに関する研究および商品開発に従事。研究者という枠に縛られることなく、2005年より海外のワイナリーでの醸造を経験。2013年より原料ぶどう調達業務を担当し、契約農家の個別訪問を通して協力関係を構築。また、自社管理畑の拡大に向けた候補地の探索および農地賃借交渉を通じて、日本の農業の課題を目の当たりにする。行政・地域と協力して各産地の農業の課題解決に取り組む。2017年4月にシャトー・メルシャン製造課長に着任。

シャトー・メルシャン
椀子ワイナリー長 兼
桔梗ヶ原ワイナリー長

小林 弘憲

1999年メルシャン入社。その後ワイン研究の道に進み、ボルドー大学やオーストラリア他、世界で醸造技術を学ぶ。2003年の仕込み時期に様々な試験醸造を行う中、甲州ブドウから今まで感じることのできなかった柑橘系のアロマを感じるキュヴェを発見。そこから生み出された『甲州きいろ香』のまさに生みの親の一人。甲州ワインの特徴香の研究で博士号取得。
2010年シャトー・メルシャン製造課兼技術係に着任。2016年まで、サイエンスとポエムを融合させた、新しいワイン造りを目指した仕込みを行う。
2017年から2年間、本社生産部を経験し、桔梗ヶ原ワイナリー、椀子ワイナリーの計画・建設に携わる。
2019年4月より椀子ワイナリー長兼農地所有適確法人ラ・ヴィ-ニュ株式会社に従事。栽培から醸造まで一貫したワイン造り探究をする。

シャトー・メルシャン
桔梗ヶ原ワイナリー

高瀬 秀樹

2005年に入社後、ワインの香りや味わいに関する研究に約10年間従事。2014年に渡仏し、ボルドー大学醸造学部に在籍し、DUAD(ワインテイスティング適正資格)を取得するとともに、フランス各地(ポムロール、エルミタージュ、ニュイ・サン・ジョルジュ)で醸造を経験。2016年に帰国し、2017年1月からシャトー・メルシャンに着任。2017年3月にシラーワインの特徴香の研究で博士号を取得。研究者の視点でブドウ、ワインを見つめながら、海外での醸造経験を活かし、シャトー・メルシャンの絶え間ない進化を目指す。

シャトー・メルシャン
ワインメーカー

勝野 泰朗

2000年に入社、シャトー・メルシャン配属後、栽培と醸造の両方の経験を持つ貴重な存在。ボルドーおよびブルゴーニュでの研修を経て、2013年、ボルドー大学でのDNO(フランス国家認定ワイン醸造士・エノログ)の資格を得て帰国。ブドウおよびワインに対する鋭い観察眼とその対応能力は、チームの高い評価と信頼を得ている。

MAKERS インタビュー

MAKERS インタビュー